Women

目安とは

症状

悩んでいる人はいる中、小陰唇の状態を把握することは今後の手術に良い影響を与える可能性が高くなります。
始めに行なうことは、自身の目で確認をしていき症状を知っておくことからスタートします。
一般的な症状として知られるのは大陰唇が小陰唇からはみ出ている状態です。肥大が見られると手術対象になることが多いです。ただ、シワや色が黒くなっている状態も肥大しているサインになりますので縮小手術を受ければコンプレックス解消に繋げることが可能になります。
痛みもなく、私生活で問題がなくても座ったり下着で圧迫されたりすると違和感を覚えることがあります。
激しい痛みになってきたら早急に縮小すべきと言えるでしょう。痒みが生じた場合は迷わず專門クリニックへ相談をしてください。
他にも尿の飛び散り方が不自然・おりものの量が増えた場合も小陰唇肥大を疑います。
当てはまっているか定かではない場合は、自身で簡単にテストができます。
やり方も非常にシンプルなのでサイト情報を確認しながら実施していきましょう。

手術方法

小陰唇肥大の縮小手術は部分切除・局所麻酔・大きさや形を整えながら縫合になります。
シンプルな内容なので一時間以内に終了することが多いです。また仕上がりを重視したい場合は切除が良いでしょう。希望に沿った治療を行ない・傷跡がほとんど残らないと定評を受けています。
手術に関して疑問に思うことはなるべく積極的に質問していくと納得した上で満足のいく治療ができます。

不安を葬る

小陰唇を縮小する手術を受けるには、なかなか勇気が必要で不安になってしまうことや、悩んでしまって受けることを躊躇っている人が多いのです。そこでこのような悩みを消すために施術の流れを知りましょう。

» 詳細を確認する

知識を付ける

小陰唇が大きいと悩んでいる人は縮小を縮小するために施術を受けるという手段が有効です。そこで、施術を受ける前に基本的な知識を紹介するので、参考に確認しておきましょう。

» 詳細を確認する

悩みを解消出来る

尿道や膣の付近にある小陰唇は、成長するにつれ肥大していきます。また、大きくなりすぎるとはみ出たりぶら下がることがありますが縮小させることも出来るのでコンプレックスに感じることもないでしょう。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る